エアコンの暖房、気になる電気代を節約するには?

冬の電気代やガス代、かさみますよね。特にエアコンは冷房よりも暖房の方がぐんっと電気代がかかります。

日本の平均的な夏と冬の外の気温、エアコン設定温度を比較してみると、その理由は簡単にわかります。

<夏>
外の気温:30〜35℃
エアコン設定温度:25〜28℃
→温度差5〜10℃

<冬>
外の気温:0〜10℃
エアコン設定温度:20〜25℃
温度差15〜25℃

外気とエアコン設定温度の差が開けば、電気代もかかるのは当然ですね…

また一年を通じて日本では、冷房を使う時期よりも暖房を使う時期が長いことも忘れてはなりません。

つまり暖房をうまく節約できれば、年間の光熱費がぐんと節約できるのです!節約の方法を今一度カクニンしていきましょう♪

setsuden_airconditioner

暖房時のエアコン設定温度は?

暖房の設定温度は、1℃下げると、およそ10%もの節約が出来ます。まずはいつもの設定温度よりも1℃下げることからはじめましょう!

目安としては20℃〜22℃の設定温度でエアコンを運転することをおすすめします。

それじゃあちょっと寒い!我慢はイヤ!という方には、次に設定温度が低くても暖かく過ごせるポイントをご紹介していきますね☆

エアコンの設定温度を低めにしても暖かく過ごせるコツ

◆扇風機を使って暖かい空気を撹拌させる

エアコンの暖かい空気は、部屋の上の方へ集まっていきます。そこで、冬でも扇風機の登場!サーキュレーターがあればなおベストですね。

扇風機やサーキュレーターを天井の方に向かってまわします。するとエアコンで暖められた空気が下の方へ回ってきますので、部屋全体が効率よく暖かくなっていきます

◆ホットカーペットやこたつを併用して

エアコン設定温度を高くするよりは、設定温度を低くしてなおかつ、ホットカーペットを併用する方が節約につながります。肌に直接触れるところが暖かいと、体感温度も変わってきますので、我慢せずに節約できるのが嬉しいですね♪

ホットカーペットは、人が座る部分だけにするなど、無駄な電気はもちろんカットして使いましょう。

スポンサードリンク

厚着は基本!湯たんぽなど昔ながらのグッズも使って◎

「冬に暖房の効いた部屋で、薄着でアイスを食べる」なんて人もいるかもしれませんが、冬の暖房を節約したいなら、厚着で過ごすのは基本中の基本!

首もとを暖めたり、毛布のような部屋着があったりと便利グッズを使えば、エアコンをがんがん使わなくてもグンと暖かい冬になりますよ☆


私は湯たんぽを寝るときに、布団の中にいれて暖をとっています。末端冷え性にはとっても助かっています。電気毛布よりも節約できて◎

外の冷気を部屋に持ち込まない工夫が大事

エアコンを付ける前に、お部屋をなるべく外の寒さからシャットアウトしましょう!

●カーテンは厚手で、床まである長さのもを使う

●雨戸を閉めると、二重窓のかわりになってお部屋の温度もアップ!

●窓に段ボールやホームセンターで売っている断熱材を敷き詰める

●カーペットの下も段ボールや断熱材を敷き詰める

などなど、工夫次第でお部屋の温度をアップさせる方法はたくさんあります。

取り組みやすいものを少しずつとりいれて、お部屋も懐もあたたか〜くしたいですね☆

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です