0円でできる掃除!新聞紙を家中に使ってエコクリーニング。

年末大掃除の季節。日頃あまり掃除しない食器棚の上、冷蔵庫と壁の隙間、窓・・・

よくもまあこんなにホコリがたまるものか、汚れがたまるものか。とため息がでます。

日頃こまめに掃除しておけばこんなことにはならないんですけど、なかなか難しいですよね。

便利な掃除グッズもたくさんあるけれど、買いそろえていたら結構な出費にもなります。

いかにお金を使わず、できるだけ簡単に掃除ができないものか??

節約+簡単掃除を実現してくれる答えは・・・新聞紙にありました!

エコ掃除の基本中の基本=新聞紙で窓ふき

昔から伝わるエコ掃除の王道!新聞紙で窓をきれいに拭いていきましょう!

新聞紙での窓ふきだと洗剤を使わずエコ、家計にも優しいだけでなく、布ぞうきんを使うよりもキレイになりますよ。(個人的見解ですが)

秘密は新聞紙に含まれるインク油!窓の汚れを分解して、ワックス代わりにもなるのでピッカピカに仕上がります。

布ぞうきんを使うと、どうしても拭いたあとや繊維が窓に残ってしまいがちですが新聞紙ならキレイに吹き上がりますよ☆

また、子供がいる家庭では洗剤等も極力避けたいもの。子供って窓をぺたぺた触ったりなめたりしますから・・・

新聞紙なら洗剤ゼロ!安心して、子供と一緒に掃除ができます♪

冬場窓が結露する時期には、夜寝る前に新聞紙を窓に貼っておきましょう。

朝には新聞紙が結露を防いでくれます。

その新聞紙を使ってそのまま窓の掃除をすれば一石二鳥ですね

新聞紙を棒状に巻いて高い所のお掃除

file000792494771

新聞紙を筒状に縦長く巻いてさらに、古くなったストッキングをかぶせます。

すると・・・高い所や壁に付着したホコリをとるお掃除グッズの出来上がり!

ハタキ等をかけるとホコリが空気中に舞いますが、これだとストッキングにホコリが付着して部屋が汚れにくいのがポイント☆

エアコンの上なんかにも使えますし、高い所はどんどんこの新聞紙棒で汚れをとっていきましょう!

使い終わったあとは、ポイッと捨てられるのも手軽です☆

毎日の食器洗いにも新聞紙が活躍

食べ終わったあとの食器にも、新聞紙を使えば洗いものがグンと楽になります。

食器に残った油汚れ等を新聞紙でさっと拭き取ってから、流しへ。

そうすることで食器洗いに使用する水や洗剤が減らせますし、家事の時間も短縮できますよ。

新聞紙で拭き取るのは簡単ですし、小さい子供のお手伝いにしても良いですね♪

新聞紙をフル活用!日頃から汚れ・ホコリを防ごう

どうせ廃品として出してしまう新聞紙。フルに活用すれば、日頃のお掃除の手間を減らせます。

大掃除をすると分かるのですが、高い食器棚の上や冷蔵庫や家具と壁の隙間の部分など、知らないうちにホコリやゴミがたまっていますよね。

そんな所に、あらかじめ新聞紙をしいておきましょう!

ホコリがたまったら、新聞紙を交換するだけ。使用後の新聞紙はホコリと一緒に捨てるだけ!

新聞紙をしくというひと手間だけなので、とっても簡単です。

また、新聞紙は湿気を吸収してくれる働きもあるので、下駄箱にしいておけば汚れ防止とともに湿気も防止してくれます☆

まとめ

汚れをとったり、ホコリを防止したり、湿気を吸収したり。

とっても機能に優れた新聞紙。

日頃の掃除にも大掃除にも、新聞紙をフル活用してエコでクリーンな家事をしてみましょう。

何よりも、新聞紙を使えばお金も手間もかけずにキレイになる☆てことがポイントなのです♪

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です