傷口に消毒は必要?正しいやり方は?

毎日のように転んでしまううちの娘。特に次女。

幼稚園のお迎えのとき、しょっちゅう先生から「今日は○○で転んで怪我をしました」という報告を受けます。

何もなかったと安心していた日でも、帰り道に走って自転車まで行き、途中転んでまた幼稚園の保健室まで引き返すことも。。。

先日は顔を怪我したので気になって、病院で診てもらいました。

そのとき、傷口に消毒が必要な時とそうでないとき、正しい手当のやり方を教えていただきました。とても役立つ情報だったのでシェアします。

スポンサードリンク

「傷口に消毒」は必要ない!?どうやって手当するのか

%e8%bb%a2%e3%82%93%e3%81%9f%e3%82%99%e6%b3%a3%e3%81%8d%e9%a1%94

転んで血が出たら「マキロンでシュ!」でしょ。

と信じている方、今までそうやってこられた方も多いでしょう。

しかし、最近の日本外科学会での考え方は「傷口に消毒は必要ない」とされているようです。

消毒液は傷口のばい菌を殺してくれ、化膿を防いでくれる働きがありますが、

殺菌作用があると同時に肌細胞にもダメージを与えてしまうからなのです。

もちろん、傷口が大きかったり病院で処置された消毒液は必要です。

ここでの話は、ほんのかすり傷などには消毒は必要ない!むしろ塗らない方が良いということです。

消毒が必要ない、と言われてもなんだか心配という方も多いでしょう。

傷口に消毒をしないのであれば、正しい手当の方法は何なのでしょうか??

それは、「傷口を水道水でしっかり洗ってゴミや汚れを洗い流す」ことです。

しっかりと洗えばあとは、人間の自然治癒力に任せて大丈夫!なのです。

スポンサードリンク

傷口に消毒液をシュッ!すると傷口が白くなる…その理由とは?

file7861308268625消毒液を傷口にシュッとかけた瞬間、傷口が白くなったことありませんか?その白いものの正体をご存知でしょうか?

それはオキシドールという成分が酸素を発しているから。

過酸化水素水が反応して、水と酸素に分かれて泡を発しているのです。その泡で、傷口が白くなったように見えます。

このしゅわしゅわっとした泡は、傷口の汚れを洗い流す役目を果たすのだそう。

ん?

でも「傷口の汚れを洗い流す」のなら、水道水で良いですよね。

消毒液は殺菌作用もあるけれど、肌細胞も殺し治癒力を遅らせる

また、殺菌作用も持続時間に限りがあり、ゼッタイではないとか。

傷口の汚れを洗い流すのであれば、消毒液ではなく水道水で。

肌の自然治癒力を促す治療法を選びましょう。

スポンサードリンク

傷口に消毒は必要ない!「ガーゼ」もやめた方が良い?

%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%82%99%e6%89%8b%e5%bd%93なんだか今まで普通とされていたことが次々と覆されます。

私は傷口にガーゼで覆ったり、(一般的な)絆創膏を貼る、って普通にやってきました。

これも日本外科学会ではおすすめしない、ということです。

理由は、ガーゼを覆うことで皮膚が乾燥する。すると傷の治りも遅くなるから。

乾燥するとかさぶたができて、ガーゼをはがす時にかさぶたがはげて再び血が出てしまうこともあるからだそう。

「え?絆創膏、普通に貼るでしょう!?」

「ガーゼだと通気性が良くて、早く治りそうな気がしていたのに。。。」と、かなり驚いたのですが、これは最近の傷口の治療に関する考え方の主流のようです。

「転んだらすぐに絆創膏!」なんて習慣と思い込みが染み付いた方、今度からは傷口を「しっかりと洗って」(一般的な)絆創膏やガーゼを貼るのはやめましょう。

スポンサードリンク

 

じゃあ、傷口の治療の正しいやり方って結局なに?

では、傷口の治療はガーゼもはらずにどうしたら良いのか?

単に洗い流すだけでOKなのでしょうか。

近頃の傷口の治し方のトレンドとして、「湿潤療法」という方法が挙げられます。

これは先程述べたように傷口をしっかりと洗い、ガーゼなどで被わない。そして傷口を乾燥させずに治していこうという方法です。

具体的にはその方法をステップで紹介しますと

1.傷口を水道水でしっかり洗う。

2.消毒液を使わない!ガーゼ等を貼らない!

3.ワセリンを傷口にぬって、患部をラップで被ってテープで固定させる

という簡単な治療法になります。

湿潤療法という名前の通り、患部を乾燥にさらさず、しっかりと潤いを与えて治していこうという方法です。

また、傷口にワセリンを塗ってラップで被いテープで固定する作業に不安がある方、上手くできるか心配な方には、ここ最近話題の「湿潤絆創膏」もおすすめです。

湿潤絆創膏はどんなものか?

というと一般的な絆創膏と違い、湿度をたっぷりと傷口に保ちながら治していく、という特徴があります。

一般的な絆創膏に比べてお値段は高め。

「ワセリン+ラップ」の方がずいぶん安くすむのは確かです。

でも使い勝手は良く、

私が以前使用した時には、治りも早くきれいに傷が治った印象を持ちました。

やはり、しっかりと固定される感じが「ワセリン+ラップ」との差でしょう。

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか?傷口の治療について、お分かりいただけましたでしょうか?

よく公園なんかで子供が転んだ時、ろくに傷口を洗いもせず絆創膏を貼って終わり!ていうお母さんの姿を見かけます。

絆創膏は、貼ってもらったら安心するものではあります。子供にとってのおまじないみたいに・・・

出先での応急処置としては、絆創膏のみ!も仕方ないです。が、なるべく早く傷口をしっかり洗い流して汚れをとってほしいです。

繰り返しになりますが、今正しいと言われる傷の治療法は

1.傷口をしっかり水道水で洗う

2.消毒液を使わない!ガーゼや一般的な絆創膏を貼らない!

3.「ワセリン+ラップ」もしくは湿潤絆創膏

というステップです。

傷口には即「マキロンをシュッ!」を信じていた方には抵抗のある治療法かもしれないですが、早くキレイに治すには消毒液をむやみに使わない方が良さそうです。

これからのお子さんの傷口のケアに、参考にしてください。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です