小沢健二を倍賞千恵子がカバー!プロデュースは森本千恵

10月10日公開のアニメ映画「GAMBAと仲間たち」の主題歌で、倍賞千恵子さんが、主題歌を担当します。その主題歌はなんと!小沢健二の「ぼくらが旅に出る理由」のカバー曲です。

久しぶりの小沢健二周辺の活動がうかがわれ、ファンとしては嬉しい限りです。

今回、小沢健二×倍賞千恵子という斬新な組み合わせを演出したのは、アートディレクターの森本千恵さん。

森本さんは8月にお子さんを出産され、私とも同世代の女性です。もちろん彼女は日本のトップアートディレクターで住む世界は違う方です。

ですが、今回小沢健二の「ぼくらが旅に出る理由」を選ばれたことで私と同じように小沢健二の歌を聴いて、前を向いて生きてきてらっしゃったのだと思われます。強い共感を覚えました。

今回のキャスティングでも小沢健二を挙げられたことでも、「ああ、同世代の女性だなあ」と思います。

kenji-ozawa

倍賞千恵子さんといえば20041120日公開宮崎駿監督の「ハウルの動く城」の主題歌「世界の約束」を唄われていましたよね。

あの美しい歌声で、小沢健二の世界がどう表現されるのか本当に楽しみです。

小沢健二さんは、現在の若い方は馴染みが少ないのかもしれません。私たち30代後半の世代には、1990年代に「渋谷系」の王子様として人気を博したんですよ。

私たち小沢ファンは、コアなファンが多く、ブレーク時から20年経った今も、彼の歌の歌詞をこえるものを書ける人はいないと信じています。

現在アメリカの方とご結婚され、お子さんも一人いらっしゃいます。

「昔オザケン流行ったねー。なつかしー、今彼は何しているんだろ?」という方はこちらのオフィシャルサイトで彼の現在の活動が分かります。美しいサイトですのでぜひご覧になってください。

http://hihumiyo.net/

スポンサードリンク

タモリも大好き小沢健二

また小沢健二といえば、タモリが大ファンだということでも有名ですよね。「小沢くんの歌詞は素晴らしい!」とテレビで褒めていた時以来、タモリさんにもシンパシーを感じています。

2014年3月「笑っていいとも!」が最終回を迎えるテレフォンショッキングでも、小沢健二がゲストに呼ばれていたのは、小沢ファンのタモリさんのリクエストか、スタッフの計らいかと推測されます。

小沢健二?誰?っていう子供たちも、オザケン懐かしい!っていう子育て世代の方々も、秋はアニメ映画「GAMBAと仲間たち」を親子で楽しんでみてはいかがですか?

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です