【ニトリ製】口コミで人気の遮像レースカーテン!遮光・遮熱だけじゃない!

1年前くらい引っ越しをしました。各部屋に窓が2つ以上はあり、風の通りが良い家気に入っています。

でもそのたくさんの窓のおかげで、引っ越しの際カーテンをたくさん揃えなくてはなりませんでした。新調したカーテンをの合計は8セット。すべてニトリで買いました。

ニトリ製のカーテン、特にレースカーテンの機能性が高く、便利で気に入っています。引っ越してちょうど一年くらい経ちましたが、どんな感じかご紹介します。

スポンサーリンク

ニトリの採光・遮像レースカーテンが機能も値段も超優秀。

カーテンはお部屋の雰囲気を作るもの。同時に、お部屋に入る光や室温を調節したりと、いろんな役割を果たしますよね。

カーテンの素材や生地によって、部屋への光の入り方・室内の保温性などもずいぶん変わってきます。だからカーテンを選ぶときには、生地の素材感やテイスト・デザインだけではなく、「機能性」にもこだわりたいと思って選びました。もちろん、値段とコスパも大事です!

わが家のレースカーテン。カーテンレール(ポール)も、時計もすべてニトリで購入。

わが家のレースカーテン。カーテンレール(ポール)も、時計もすべてニトリで購入。

引っ越して新たに購入したカーテンは、すべてニトリ製。そして家中のレースカーテンは全部「採光・遮像レースカーテン(Nナチュレドット)」を使用しています。

約1年くらいこのレースカーテンとともに過ごしていますが、とても良い感じです。

一年間使用した使用実感を詳しくお伝えしましょう。

 

スポンサーリンク

 

夜、外から家の中が見えない!遮像で安心。

夕方子供をお風呂に入れていると、いつの間にか外は真っ暗。

お風呂から上がると、お部屋はレースのカーテンしかしていない!っていううっかり事件がわが家ではしばしば起こります。

赤ちゃんをお風呂に入れると、ほぼ裸のままリビングで服を着せなければならないお母さんも多いですよね。

で、カーテンをひかずレースのカーテンだけの場合、室内が明るく外が暗い場合は、外から室内の様子が丸見えだったりします。あら大変!

でもいちいちカーテンを気にするのも面倒なので、私は「遮像」効果の高いレースカーテンを探してニトリ製を購入しました。

採光・遮像レースカーテン(Nナチュレドット)」。

実際に家に吊るしてみて、夜に外から明るい室内を見てみると・・・

人の形がぼやっと見えるだけ!

普通のレースカーテンのように、人の顔や細かい所なんて全然見えません。これだったら、私のようにうっかりお母さんも、お風呂上がりに焦る必要もありませんね。笑

 

スポンサーリンク

 

昼間のリビング、室内灯いらず〜採光性も良い感じ

東向きのわが家のリビングも、太陽の出ている昼間は室内灯はほとんど要りません。レースカーテンを引いていても、部屋の中に自然光がたっぷりと感じられるので気持ち良いです。

遮像性が高いレースのカーテンは、一般的に厚みもあり光を採り入れることは苦手。部屋全体がお昼でも暗めなってしまいがちです。

でもこのニトリのレースカーテンだと、普通のレースカーテンとかわらないくらいしっかりと光が部屋に入る感じがします。

節電にもつながり、良いです。

 

スポンサーリンク

UV加工は超重要◎紫外線を約93%カット

シミや日焼けが気になる私にとっては、どんな商品も「紫外線カットのパーセンテージ」がとても重要です。採光・遮像レースカーテンも数種類ありますが中でも「Nナチュレドット」を選んだのは、この紫外線カット率が一番高かったからに他ありません。

「紫外線カット率」って女性なら多くの方が気にするので、ニトリさんはこちらの機能をもっとアピールしても良いのでは?とも感じました。個人的にはUV加工をうたっている商品には、UVカット率が90%以上ないと不満です。

また長時間の紫外線は、家具やフローリングにも影響します。通常のレースカーテンだと紫外線をじゃんじゃん通すので、その分家具などの経年劣化進行しやすいです。その点も採光・遮像レースカーテンだと紫外線カット率も高く、安心できる気がします。

で、わが家での使用実感としては、真夏の太陽ギラギラの日にリビングで過ごしていてもニトリのレースカーテンを引いておけば、太陽の暑さがずいぶん和らぐ感じがしますよ。

夏場は紫外線をカットすることによって冷房効率も上がってきますから、電気代の節約も期待できる。

 

スポンサーリンク

 

機能は大満足◎デザインもよろしくね

ご紹介した「採光・遮像レースカーテン」は高機能繊維などの事業をグローバルに展開する帝人と、ニトリが共同開発しているとのこと。だから、こんなに高機能のレースカーテンが実現したのでしょう。

ただ欲を言えば、デザイン性をもっと高めてもらえたら満点だった!てこと。

でも、機能面はこのレースカーテンでしっかりと抑えられると思う。

デザイン性や素材感で楽しみたいのなら、レースではない方のカーテンで好きな柄を選ぶと良いのかと。

ちなみにわが家の和室はこちら。ニトリのレースカーテンで、外からの視線をシャットアウトしながら、暖簾をその上から吊るしています。

和室の雰囲気を出したいがために暖簾を吊るした物の、やはり暖簾をあげたとき外から丸見えも困るので、こんな感じになっています。

もちろん暖簾もニトリ製。とにかく安いのでいろいろ試せたり遊べたりするのが良いです。

では、これから新居に引っ越される皆さん、カーテンを新調したい方々。
ご参考にしてくださったら嬉しいです。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です