ニトリの敷き布団は洗濯機で洗える?胃腸炎に懲りて探してみた

先日、子供が娘下痢になってしまいました。

小児科に連れて行くとウイルス性胃腸炎「ロタウイルス」という診断です。

菌を出し切ったら治る病気なので、特効薬は特になく、文字通り嘔吐と下痢を繰り返した末に治ります。

無事娘は完治したのですが、敷き布団に嘔吐物がついてしまったため、しばらくこの布団が使えなくなりました。。。

予備の布団はあるのですが、また布団を汚されてしまうことを考えて、「安くて丸ごと洗える敷き布団」が欲しいなあ。

安くて機能も追求すると、まずはニトリが思い浮かびます!ニトリに丸ごと洗える布団はあるのかな?

スポンサーリンク

ロタウイルスの菌が敷き布団に付いたら、どうする?

c06d704ff6a6bf9e7f5a71c22dd69624_s

ニトリの洗える敷き布団をリサーチする前に、ロタウイルス患者の嘔吐物が敷き布団に付いた場合の処理を説明しておきましょう。

嘔吐に含まれている「ロタウイルス」の菌は、敷き布団に付着後も2〜3週間は死滅しません。

家族への感染を予防するためには、嘔吐が付いた敷き布団をできるだけ密閉し(大きなビニール袋などに入れて)2〜3週間が過ぎ去るのを待つ必要があるのです。

ロタウイルスの菌を殺すには、希釈した塩素で拭いた後水拭きをする方法がメジャーなのですが、敷き布団に塩素で拭くことは望ましくない。

ですので、気長に自然に菌が死滅するのを待つことになるのです。

まあ、惜しくないのならば敷き布団を捨てるのが感染のリスクを考えればベスト。

でも、ロタウイルスだと嘔吐の回数が半端ないので、何度敷き布団を汚されるかも分からないし、捨てるのはちょっと勿体ない。

できれば、敷き布団を丸ごと洗えるのがベスト。

しかもリーズナブルな価格帯の敷き布団を購入しておきたい。

そんな経緯があって、ニトリの洗える敷き布団を探してみることにしたのです。

前置きが長くなりましたね・・・

次章から、ニトリやその他のブランドの「洗える敷き布団」をリサーチしていきます!

スポンサーリンク

ニトリの敷き布団って、洗濯機で洗えるの?

敷き布団が洗えるなんて、なんて気持ちよいことでしょう。

子供のおねしょや嘔吐がついて汚れてしまっても、すっきりキレイになりますから。

「ニトリには洗える敷き布団を売っていそうだぞ」

という予感がしたので、ニトリの商品をチェックしたのですが、、、

ニトリの敷き布団・全18商品(※すべて2016年11月現在の情報です)のうち、その中で「洗える」関連の商品は下記の3つです。

「カバーが洗える体圧分散 敷布団」9,990円〜13,900円(税込)

「カバーが洗える硬質敷布団」5,990円〜7,990円(税込)

「カバーが洗いやすい、パイプベッド・2段ベッド用敷きふとん」4,990円

私が調べた限り、「洗える」と謳っているものはこの3商品のみでした。

いずれもカバーのみが洗えるだけで、本体の敷き布団が洗えるわけではないようです。

(3つ目の”カバーが洗いやすい”というのは、キルト地のカバーが上下が分離できて洗いやすい”ということです)

ちょっと残念な結果です。

でも、敷き布団自体に取り外しできるカバーが付いているもの珍しい。

たいがいの汗ならば、シーツと敷き布団カバーを洗濯するとスッキリキレイになるとは思います。

「出来る限り敷き布団を清潔に保ちたい」

でも、

「敷き布団を丸洗いする程ではない」

という方には、”カバーが洗える敷き布団”は良いかなと思います。

うーん、ではニトリはあきらめて、他社の洗える敷き布団をリサーチします。

スポンサーリンク

ニトリにはなかった”丸洗いできる敷き布団”はどこにある?

残念ながらニトリには、カバー以外の中の芯も洗える敷き布団はありませんでした。

しかしニトリ以外には、敷き布団を洗える商品は結構あるようですね。

それで、機能的でお値段もニトリ並みの商品を選んでみたのがコレ。

「ブレスエアー® × 東洋紡アルファイン®

丸ごと洗える 防ダニ 敷き布団ポータブル」7,990円(税込/送料込)

カバーは取り外して洗濯機で洗えます。

中の芯は、お風呂場でシャワーをかけて洗えるということです。

中の芯は水分をはじく素材で出来ていて、シャワーをかけても水切りが良いとのこと。水をかけても中の芯が重〜くならなずに、カンタンに洗えて干せそうです!

この商品は「ニトリにありそう」でない商品。ニトリっぽいともいえる商品なのでピックアップしてみました!

ニトリさん、「丸ごと洗える敷き布団」販売したら売れるのではないですか??笑

スポンサーリンク

 

敷き布団を買い替えるのが大変なら「防水シーツ」を

敷き布団の汚れが気になっても、買い替えるのはもったいない。

という場合にはやっぱり、布団やベッドに「防水シーツ」を使うことおおすすめします!


うちでも、子供が寝起きする敷き布団とベッドにはすべて「防水シーツ」敷いています。

今回の嘔吐に関しては、たまたま防水シーツがずれてしまった箇所に付着したのでした・・・

写真の商品は、ダブルサイズのベッドのボックスシーツのタイプのもの。ここまでバッチリと防水シーツを敷いておけば、ずれることも少なそう。

子供の嘔吐やおねしょが付いても、シーツを洗えばキレイになります。

しかし私の友人も言っていたのですが、

「防水シーツを敷いた布団やベッドでは、子供の寝つきが悪い」

という意見もあります。

寝ている時に”もそもそ”とする感覚が、気になる人もいるようです。

寝心地を追求する方やもそもそ感が気になる方ならば、防水シーツの利用は最小限にするしかないですね。。。

一方わが家では、子供と添い寝するようになってからは、ほぼ一年中敷き布団に防水シーツを敷いています。親も子も、寝心地は全く気にならないです。笑

スポンサーリンク

 

まとめ

小さいお子さんやお年寄りのいらっしゃるご家庭では、敷き布団が汚れてしまうこともあるでしょう。

汚れることは想定に入れて、カンタンに汚れが処理できるグッズや寝具を選んで家族のストレスを減らしたいですね。

ニトリに丸ごと洗える敷き布団がなかったのは想定外&残念ですが、他社でもリーズナブルな価格帯でありました。

ご家庭に合った敷き布団やシーツを選んで、いつも清潔で気持ちよい睡眠がとれると良いですね!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です