靴下のゴムがゆるい!復活させる方法ってないの?

うちだけでしょうか?靴下のゴムってモノによってはすぐにゆるくなる・・・ゆるくなる靴下は、高かろうが安かろうが値段には関係ない。

いやむしろ、高かった靴下の方がゆるくなりやすいような・・・。気分的なものかもしれないけど。(たぶん高いほど印象に残るから?)

靴下と言えど、買って数回お洗濯しただけでゴムがゆるくなるとちょっと悔しい。捨てるに捨てられない・・・。なんとかゴムの伸びた靴下を復活させる方法はないのでしょうか??

びろ〜んと伸びた靴下のゴムがなおせるって!!

靴下のゴムが入った部分には、パジャマのズボンのようにゴム通しの穴はありません。ですので、ゆるくなったゴムを入れ直そう!と思いつく人も少ないのかもしれませんね。

でも気に入っていた(結構高かった)子供のひざ下まである靴下が、買ってすぐにびろ~んとゴム部分が伸びてしまいこれは!と思い、手芸と修繕が趣味の母にリサーチしました。

すると、「なおるわよ、ゆるんだ靴下のゴム」とあっさり回答が!!

あまりにもあっさりと答えが出たので拍子抜けだったほどです。

母によると、その修繕アイテムというものが「ゴムカタン」!

これは、通常ミシンにセットして細かいギャザーを寄せる縫い方(シャーリング)をするための糸です。

つまりゴム状の細い糸ってこと。

この糸を使って、手縫いで靴下の伸びたゴム部分を上から縫えば、ゴムが復活するということ。やったー!!

ゴムカタンで靴下のゴムを復活させる方法

まず、ゴム部分の修繕がしやすい靴下とそうでない靴下がございます。

A.修繕しやすいものはゴムの部分が輪っかになっていて、引っ張ると二重になっているもの。

B.修繕しにくいものは上記以外。引っ張っても一重のまま。(裁縫が得意な方ならば、Bの靴下でも大丈夫ですが)

今回はAの靴下の修繕方法をご紹介します。

  1. ゴムカタンを手縫い用の針に通す
  2. 靴下のゴム部分の二重になっている内側の布だけを針ですくい、チクチク縫っていく。(縫い目が表に出ないように注意)
  3. 一周縫ったら、もう一周。位置を変えてチクチク縫う。
  4. まだゴム部分が弱そうならば、さらにもう一周チクチク縫う。
  5. 玉結び。

完成!

どうでしょう?けっこう簡単に靴下が復活します!!

そして小さな感動が生まれます!笑

ちなみに靴下の正しい干し方は・・・

靴下のゴム部分を洗濯バサミでとめて干しましょう!

sentaku_kutsushita

※靴下のゴムは濡れている時間が長いほど傷みやすいため。洗濯物は上から下の順に乾いていきます。

まとめ

この方法で復活できそうな靴下が、タンスからうじゃうじゃ出てきました。(捨てないで良かった♡)

ロングの靴下ほどゴムが伸びやすい印象です。これから寒くなるので、長めの靴下が復活してくれるとかなり助かります。

一家に一つ、ゴムカタン。

ぜひみなさんも、ゴムのゆるくなった靴下を見つけたらお試しくださいね♪

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です