すそあげテープの意外な使い方、服があっという間に復活☆

ただいま5月、初夏です。暑い日が続いたのでそろそろ衣替え。

が、薄手の黒いカーデガンに穴発見!

でも、使い勝手が良いカーデガンなので、もちろん捨てずに使い続けます。

ママ友から聞いた、すそあげテープを使った修繕方法が簡単だったのでご紹介します。

薄手のカーデガンに突如現れた穴

薄手のカーデガンを久しぶりに引っぱり出したら、こんな感じで肩のあたりに穴を発見!

2016/ 5/20 10:44

虫食いのようではないので、何かに引っ掛けたのでしょう。

薄手の生地だと、ちょっと物に引っかかっただけで穴があくので厄介ですよねー。

薄手の服をかがり縫いで修繕すると、布が突っ張ったり、糸が見えたりとなかなかキレイにできないのですが、すそあげテープがあると結構キレイにできます。

なにより裁縫が苦手な方にもとっても簡単なので、ちゃちゃっと穴を塞いでしまいましょう♪

カーデガンの穴修繕、用意するものはこちら

すそあげテープを使った修繕、用意するものもシンプルです。

<用意するもの>

・アイロン

・水

すそあげテープ

すそあげテープ」はズボンの丈直しなどに便利なグッズですね。

うらからペタットつける働きを利用して、服の穴の修繕にも使ってみます。

すそあげテープを使った服の穴の修繕方法

準備が整ったら実際に修繕をしていきますね。

裁縫の技術は不要とっても簡単ですので、一つひとつ丁寧に作業すればとてもキレイに仕上がります。

<修繕の手順>

1.「すそあげテープ」を穴の大きさ大にカット

2.カットした「すそあげテープ」を水でしっかりと濡らす

3.穴をふさいだ状態で、裏から「すそあげテープ」をあてる

4.アイロンをかける

2016/ 5/20 10:47

完成!

2016/ 5/20 10:53

肩の継ぎ目の所から指一本分くらいあるところの1cmくらいの跡が、穴があいていた場所です。分かりますかね??

私的には普段着使いならば全然OKなくらい、上手くできました♡

所要時間は約5分です。

すそあげテープ修繕のポイント

すそあげテープを使って穴を修繕する際に、きれいに仕上げるためのポイントをまとめました。

POINT 1

すそあげテープに水をたっぷりつけてからアイロンをかける。

(すそあげテープの接着は、水とアイロンの熱で強くなります)

POINT 2

すそあげテープの色を合わせる

(すそあげテープはいろんな種類があり、白・黒・グレーなど基本的な色が揃っていますので、できるだけ色を合わせましょう)

POINT 3

穴をふさいだ部分に、すそあげテープの接着部分をあてる

(カットしたすそあげテープの端っこを穴にあてるイメージですね)

以上、参考にして簡単にキレイに修繕してみてくださいね。

p.s.

ちなみに私はカーテンのすそあげも、すそあげテープで済ませています。

簡単ですよー。笑

2016/ 5/20 12:12

2016/ 5/20 12:12

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です