小学校の運動会用テント2017☆サイズ・大きさ・ワンタッチ…おすすめはどれ?

小学校の新学期がスタートしたと思えば、もう運動会。

最近では9月、10月の秋ではなくて5月頃に運動会を行う小学校が増えましたね。

9月頃の運動会では暑くて熱中症の心配もあるため、5月に行うようになった説を聞いたことがあります。でも、5月でも暑いときは暑い!!

昨年はスルーしたんだけどやっぱり、運動会にテントは必要だ。

アウトドアとかあんまりしないので分からないんだけど、いろいろとリサーチして家族4人程度に最適なテントを探してみました!

スポンサードリンク

 まずは小学校の運動会用のテントに求められる条件を確認

昨年の5月に、長女の小学校の運動会にはじめて参加したわが家。

テントが必要だとは聞いてはいたものの、実際にどんなテントが必要なのか?想像もできなかったのでまずは様子をみて各ご家庭のテントを観察しておこうと昨年はテントなしで運動会に挑みました。

学校の共用のテントは朝5時台にいっぱいになるため、お弁当を作り終えた8時台に小学校に向かうわが家では、共用テントに当然場所はとれませんでした。しかしラッキーにも木陰に場所をゲット!でも、陰は時間とともにずれて行き、やはり暑い。。。

「次の年の運動会にはちゃんとテントを買っておこう。」

と心を決め、各家庭のテントのリサーチに徹したのです。

娘の小学校の人数はおよそ420人。家庭数は300戸くらいでしょうか。

夏フェスばりに、ほんっとにいろんなテントがいろとりどりに貼られていました。

ママ友などの情報なども参考に、運動会のテントに必要な条件はこんなところ。

・設置が簡単。

・持ち運びがしやすい。

・隣のテントの邪魔にならない。

・出入りがしやすい。

・片付けも簡単。

キャンプ用のテントを既に持っているご家庭でも、運動会用のテントとなると新たに買い直すケースもあるようです。

6年間と長い間使うテントですから、上部で使い勝手の良いものを選びたいですね^^

では、実際に私が購入までに検討したテントをご紹介します♪

スポンサードリンク

 

設置も簡単で軽い!中も広〜いワンタッチテント

とにかく組み立て設置が簡単で、5人も入れる広さがあるということで候補入りしたワンタッチテント。傘を開く感覚で、女性でも簡単に開くことができるということで惹かれました。

重量も約4.9kgと軽い!

大きさは300cmと広々〜

週末のおでかけにも、気軽に持っていけそうなところが良いです。

しかし欠点というか気になったところは、

・運動会のテントとしては出入り口が狭い。

・入り口が一つで周りが見渡せにくい。

・設置は簡単でも片付けが大変という口コミがある。

てことです。

運動会にしては、ちょっと閉鎖的なテントかな〜と思い断念。

スポンサードリンク

 

運動会ではスタンダードなタープテントがおすすめ☆

運動会で一番メジャーなタープテントです。

2m~2.5mくらいが、4人家族くらい向けのサイズでちょうど良いですね。

見通しもよく出入りもしやすいため、子供たちの活躍を思いっきり応援できそうです^^

タープテントは開放的でイベント向きなのですが本体だけだと、日差しが横から入ってくることも。家族がくつろげるスペースを作るには、サイドシートが役立ちます。

サイドシートが最初から二枚もついているこのタープテントなら、日差しをしっかりと遮り大人の日焼けや子供の体力消耗を防いでくれますね。

またこちらの商品には風抜けのベンチレーションが装備されており、強風による転倒防止効果も期待できます。

スポンサードリンク

 

タープが6,000円以内!コスパ最強のシンプルテントも。

タープテントは1万円前後が相場ですが、こちらのタープはとってもリーズナブル♪

ビッグサイズでも6,000円以下。

サイドシートはついていないですが、テントを固定するペグやロープ、持ち運び用のバッグなどは同封されていてコスパも最高です。

ためしにテントがほしい!って人には良いかも。

スポンサードリンク

子供のテンションMAX!蚊帳つきテントに羨望の眼差し♡

「蚊帳」って中に入っているだけでワクワクします♪

昨年の運動会で、よそ様のテントに蚊帳がついていて「蚊帳付きテント、うらやましぃ〜〜」と羨望の眼差しでした。

そのご家庭では蚊帳付きテントの中で、お父さんがごろ〜んと横になって日曜日のリビングさながらな様子。初夏の風を感じながら、テントの中でくつろいでいました。

風が通り抜ける涼しさは、蚊帳ならではですね〜。

子供のテンションも上がるし、虫も入ってこないし、蚊帳サイコー♪です。

テント本体とサイズが合えば、蚊帳やスクリーンのみもオプションで購入できるみたいです。

本体をかった後でも、買い足してみるのも手ですね。

スポンサードリンク

 

簡単設置&軽さもバツグン!一体型のワンタッチタープ

タープとワンタッチテントの間のようなタイプのワンタッチタープテント。

私が最後まで購入を決めようか悩んだ商品です。

設置はもちろん簡単で女性一人でもできそう。

重量も5.6kgと軽い!

片付けも簡単っぽい♪

お値段も予算以内でお手頃。

サイズもちょうど良い。

ただ高さの調節はできないのが一つ、気になったところ。

それから、軽いう点にも強風時の不安が残りました。

スポンサードリンク

 

大人数にはヘキサタープ☆キャンプ慣れした家族におすすめ

おじいちゃんやおばあちゃんなど、たくさんの人数が運動会に来られるご家庭にはヘキサタープがよいですね^^

2家族分くらい余裕で入れるので、友達家族と一緒に使ってもいいかもしれません。

ただ、組み立て設置については、ワンタッチタープと違い少しだけ面倒。

キャンプでテントを貼ったことのある人など、ある程度慣れた人向けになるようです。

うちではヘキサタープは買えないのだけれど、4人子供さんがいるご家庭がヘキサタープを立てていて羨ましい!と思ったのでご紹介しておきます。

アウトドアなファミリーには使う頻度も多くて、おすすめです。

スポンサードリンク

で、結局わが家が買った運動会用のテントはこれ!

いろんなテントを検討しましたが、最後にわが家が購入を決めたてんとはコールマンのタープテントです。

特徴は、上部のテント部分が骨組みよりも大きいこと。

この傘の大きさが、一つの決め手でした。

設置スペースは220×220で、ちょうど良いサイズ。

傘の大きさがある分、テント内は影も出来やすく涼しいです^^

本体だけだと、こういう感じ。

骨組みよりもテントの傘が大きいことが、イメージできましたか?

このテントが大きいタイプが新しくコールマンから発売されたということで、まさに2017年におすすめのテントなんじゃない!?と思い購入を決意しました。

ただ、一つ気になることは重量が13kg・・・

他にもお弁当がたくさんある運動会なので、運ぶだけでヘトヘトにならないかちょい心配です。

逆に言えば、重さがある分風に耐えるため安心ではあります^^

また、テントがひしめき合うような人数の多い小学校なんかでは、こういうテントの傘が出たタイプはお隣さんに気を使う可能性もあるようですよ。

うちの娘の小学校では人数の割にグランドが広いので、その点は心配ないのです。

気になる点はあるものの、コールマンブランドでサイズもちょうど良いし、設置も簡単なタイプだし、いろんな面で小学校の運動会用にアリだと考えました!

スポンサードリンク

 

まとめ

いろんなテントを調べてみて、最近のテントは設置も簡単でよくできているなーと感心しました。

テントは小学校の運動会だけでなく、夏の子供の水遊びやアウトドアなど、一年中いろんなシーンで使えそうです。どんな時に、どんな人数で使うのか?いろいろと想定して購入するといいかもしれないですね。

この記事がみなさまのお役に立てば、とても嬉しく思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です