豆腐を美味しくする超カンタン裏ワザ・ベスト3♪

夏は冷や奴で、冬は湯豆腐や鍋に。

豆腐一丁あると、おかずが一瞬で一品増えて、とっても助かります〜

値段も一丁100円前後。栄養も豊富なので、冷蔵庫にはいつも豆腐をストックしているご家庭も多いでしょう。

今回は、そんな家計の強い見方「豆腐」をもっと美味しく食べる裏ワザをご紹介します!

追記:先ほど見たNHKの「ガッテン!」で、めちゃ美味しそうな豆腐の食べ方を放送していました。

紹介されたレシピをわが家でも今度やってみたいと思います!

スポンサードリンク

裏ワザ①豆腐のコクがアップする、食べる前のひと手間。

7015bc2841863938aee917ca0b3dff5a_s

さあ、スーパーで買ってきたフツーの豆腐を、コクがある美味しい豆腐に変身させましょう!

フツーの豆腐を美味しくする超カンタン裏ワザ、まずは1つ目をご紹介します♪

【準備するもの】

・豆腐1丁

・鍋

・水

【手順】

①鍋にお湯を沸かす。

②沸騰した鍋で豆腐1丁をさっとゆでる。

③30秒〜40秒ほど豆腐を熱湯でゆでたら終了〜!

cf3d8a2766940a850f3b80b2dbeb1f64_s

熱湯で30秒〜40秒間ゆでることで、豆腐の中の余分な水分が外に出ていきます。

余分な水分量が減った豆腐には、コクや旨味がぎゅっと凝縮されるので、スーパーで買った安売りの豆腐も美味しく変身する!というわけです。

本当に簡単なひと手間ですが、味の違いは食べてみるとよく分かります。

ちょっと豆腐が濃厚になったような、いちランクアップしたような味になるのです!

とってもお手軽な方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク

裏ワザ②豆腐は水から出来ている。保存の水にも気を使って

e313c706d545a0ea55da8462c3d999ce_s豆腐の原材料はとってもシンプル。大豆、そして水です。

特に水は、豆腐の約90%も占めるのです。

よって豆腐にとって水は、味を大きく左右する大切なものとなりす。

山間部の水のきれいな場所で、豆腐がつくられることが多いのもそのためですね。

さらに豆腐は水をよく吸収する性質があるため、原材料に使用する水だけでなく、保存するための水もとても大切になります。

保存する水が変わると、豆腐の味も変わってるのです。

豆腐と水の関係って面白いくて、奥深いなあーと感じます。

前置きが長くなりました。

それでは、裏ワザの2つ目。豆腐の保存方法と、使用する水についてご紹介します!

【準備するもの】

・豆腐一丁

・ざる

・保存容器

ミネラルウォーター

【手順】

①豆腐一丁をざるに上げて、しっかりと水を切る。

保存容器にミネラルウォーターを張って豆腐を浸す

③②を1〜2時間冷蔵庫で保存する。

食べる前に、ミネラルウォーターに豆腐を浸すだけ!

このひと手間で、豆腐のおいしさがぐんとアップするんです。

ミネラルウォーターの硬度は、軟水がおすすめですよ。

「軟水」というのは硬度の低い水で、口当たりがやさしいくまろやかなのが特徴の水です。

軟水のミネラルウォーターで良く知られている商品としては、

・クリスタルガイザー

・六甲のおいしい水

・ボルヴィック

・南アルプスの天然水

などが挙げられますね。

逆に硬度の高い「硬水」のミネラルウォーターを保存に使うと、豆腐が固くなってしまいます。固い豆腐がお好みの方はお試しください。

ということで

豆腐を買ったら、薬味と一緒に、ミネラルウォーターもお忘れなく!

スーパーの豆腐コーナーの隣に、ミネラルウォーターを陳列してほしいと願う筆者です^^

スポンサードリンク

 

裏ワザ③冷や奴をキンキンに冷やしすぎていませんか?

a48779e4426d9405dd494a693284462a_s

では3つ目の裏ワザは、美味しい冷や奴の食べ方について。以前NHKの「ガッテン!」でも紹介された方法です。

食欲が進まない時にも、冷たい冷や奴はつるっと食べられたりして夏場も活躍するメニューです。

そんな冷や奴ですが暑い時などは特に、冷蔵庫から出して「すぐ」食べたりしていませんか?

その食べ方実は、豆腐の美味しさを十分に味わえない食べ方なのです!!

豆腐が一番美味しく食べられる温度は、だいだい17℃〜18℃。

冷蔵庫から出してすぐの豆腐は10℃程度で、まだまだ美味しい温度に達していません。

豆腐は冷蔵庫から出して、およそ20分おく。

そうすると、豆腐が食べごろの17℃〜18℃の温度になって美味しくいただけます。

「20分」というのは、室温が約27℃の場合の時間です。

その時々の気温や室温によって調整いただければと思います。

17℃って、冷や奴なのに冷たくない〜

なんていちゃもんつけず、試しにやってみてくださいね。

スポンサードリンク

 

まとめ

フツーの豆腐を美味しくする裏ワザを3つご紹介しました。

いずれの裏ワザも、とっても簡単ですぐに試していただけるものかと思います♪

ほんのひと手間とちょっとした気遣いで、美味しさが激増するなんて、

豆腐ってデリケートで奥の深〜い食材だと感心します。

安価で、栄養価も高く、調理法も簡単で、いいことづくめのお豆腐です。

裏ワザを参考にして、みなさまのご家庭でも美味しくいただいてくださいね!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です