運を良くする方法が簡単に手に入る!

「運」とは自分の努力や意思ではどうしようもできないからこそ「運」であって、コントロールする方法はない、と思っていませんか?

でも、日頃の習慣次第で「運」を良くする方法ってある、と私は主張したい!

気になる方はぜひ続きを読んでみてくださいね。

「運」を左右する習慣って何?

「運の良い人」「運の悪い人」の習慣の違いは何だと思いますか?

「運の良い人は神社に足しげく通っていつもお祈りしている」とか?

「お守りを持ち歩くと運が良くなる!」とか?

神懸かり的なことについての効用は私には分からないですが、実にシンプルに「運」を左右する習慣を今回は紹介します。

「運を良くする方法」

・・・それは「自分は運が良い!!」といつも思うことです。

逆に「自分は運が悪いんだ・・・」なんて思い込んでいると運勢も下げてしまう可能性があります。

なぜそんな単純なことで、運がコントロールできるのでしょうか??

その理屈を次に具体的にご説明します。

「運」は思考に左右される!?どうしてでしょうか。

なぜ「自分は運が良い」と思うか、「自分は運が悪い」と思うかによって、本当の「運」が左右されてしまうのでしょうか?

例を挙げて説明しますね。

例えば、「自分は運が悪いんだ・・・」と思ってしまっている人のケースです。

彼/彼女は常にマイナス思考、ネガティブシンキングをする癖があり、

心の中が不安で占められています。緊張も感じながら生活しているでしょう。

そうすると、不安な気持ちから「ストレスホルモン」が分泌されてしまうのですね。

心身がストレスにさらされていると、だんだん思考の幅も狭まり、

日常の行動も消極的なものになってしまうのです。

思考や行動の幅が狭くなると、新しいコトにチャレンジすることもなくなり、

チャンスを掴みとることもできなくなります。

その結果、「自分が運が悪い」と思い込む人は、チャンスを掴めずに、

本当に運が悪くなってしまう、ということなのです。

一方「自分は運が良い!」と思っている人のケース。

彼/彼女はいつも前向きでポジティブな思考ができます。

ポジティブでいられるから、心は安定してリラックスした状態です。

脳には「海馬」と「海馬傍回」というものがあります。その働きは「視野を広げる」こと。

前向きな思考をするとその「海馬」と「海馬傍回」の働きが活性化される、という科学的なデータも発表されているのです。

つまり、「自分は運が良い」と思い込んで生活していると、

視野が広がる → 人との出会いも増える → いろいろな情報がインプットされる → 新しいコトにもチャレンジする → 成功する → 本当に運が良くなる!

という素晴らしい好循環が生まれるわけです。

スポンサーリンク

でも性格上ポジティブにはなれないわ・・って人はどうする?

ポジティブかネガティブかは、生まれもった性格にも左右されるものです。

ですので「ポジティブになれ!って言われても、簡単にポジティブにはなれないよ!!」と言う方も多いかもしれませんね。

じゃあ、ネガティブ思考がやめられずに、悩んでいる方はどうすれば良いのでしょう?

これも人間の持っている「脳」の働きに頼りましょう。

方法はすごく簡単。

「私は運が良い!」

「僕は運が良い!」

実際に口に出して言ってみるのです。

声に出して言うことで、脳に伝わり、脳がポジティブ脳になって「良いこと」をどんどん探していってくれるのです!!!

これは、素晴らしいですね。

「自分が運が良い」ととにかく脳に思い込んでもらって、本当に運が良い人になってしまえるのです。

最後に

人工知能の開発が進められていますが、「人間の脳」ってこうやってみるだけでもすごーい機能がたっくさん搭載されていますね。

「脳」が「運」までもコントロールするなんて。

人間の「脳」の働きを上手く味方につけて、着実に「運」を良くしていきましょうね!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です